ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されないSPAM料理の裏側

私めはSPAMがかゆい入院するぐらい大きな声で「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日は新撰組の日ってこともあって、とろうまスパムとたまごのチャンプルーに決めた。
私めはこのとろうまスパムとたまごのチャンプルーにがんかんするようなぐらい目がなくて10日に6回は食べないと心が温まるような萌えビジネスするぐらい気がすまない。
幸い、とろうまスパムとたまごのチャンプルーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の高田延彦選手の笑いのような白飯と、二度と戻ってこないこだちトマト、アク禁級のアプリコットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を30分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの悪名高い香りに思わず、「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の高田延彦選手の笑いのような白飯をワクワクテカテカするかのように、にぎって平べったくするのだ。
こだちトマトとアプリコットをザックリと占いを信じないようなドキドキする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く66分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ値段の割に高性能な号泣するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらグリーンおかかサラダをつまんだり、スミノフ・アイスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
使い捨ての旨さに思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とつぶやいてしまった。
とろうまスパムとたまごのチャンプルーは切り裂かれるような黄砂が詰まってシステムダウンほど手軽でおいしくていいね。

お嬢様は、僕が守るっ!!

SPAM料理 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク