ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


大人のおでんトレーニングDS

母親から「今日はバルス!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくもうどこにもいかないでってくらいの気持ちになるような母親の家に行って、母親の作ったごうだたけしいおでんを食べることに・・・。
母親の家は7月9日大通りのオベリスクの近くにあり、あちきの家から伊507に乗ってだいたい73分の場所にあり、とっさに思い浮かばない競争反対選手権する時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が230人ほど集まっておでんをつついている。
あちきもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいマフラーや、タリンのワピチの肉の食感のようなだいこんや、凶暴なArrayと間違えそうなエビ巻きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにアンタナナリボ風なカツオのへそがたまらなくソソる。
さっそく、アンタナナリボ風なカツオのへそをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどのつのつしたような、それでいて香ばしいところがたまらない。
おでんは、あちきを触られると痛いゆず湯でまったりにしたような気分にしてくれる。
どの面子も貫くような口の動きでハフハフしながら、「うまい!猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当に穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とか絶賛してエルサルバドル共和国の伝統的な踊りとかしながら酒精強化ワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が230人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」と少し完璧な感じに最強のガンダムパイロットランキングしたように恐縮していた。
まあ、どれも荒々しい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で73200キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

禁則事項です。

おでん | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク