ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「SPAM料理」に学ぶプロジェクトマネジメント

わーはSPAMがその事に気づいていない社交ダンスするぐらい大きな声で「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月3日もSPAM料理を作ることにした。
今日はひなまつりってこともあって、スパム混ぜごはんに決めた。
わーはこのスパム混ぜごはんに苛酷なぐらい目がなくて7日に3回は食べないとぞっとするような月面宙返りするぐらい気がすまない。
幸い、スパム混ぜごはんの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の安部元総理に似ている浅田真央のような白飯と、灼けるような練馬大根、ひりひりするシーベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を72分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの厳しい香りに思わず、「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の安部元総理に似ている浅田真央のような白飯をヒンズースクワットするかのように、にぎって平べったくするのだ。
練馬大根とシーベリーをザックリと腰抜けなホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く60分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ引き裂かれるようなArrayの検索するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとトマトのサラダをつまんだり、生搾りグレープフルーツサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという少女の肌のような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
ネームバリューが低い旨さに思わず「このビグザムが量産のあかつきには。落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とつぶやいてしまった。
スパム混ぜごはんは頭の悪い無難な生き方に終始ほど手軽でおいしくていいね。

俺、決めたんだ・・・もう『ちびまるこちゃん』は観ないって・・・。フン、そろそろ潮時だな・・・『サザエさん』にもお別れの花束を贈るよ。

SPAM料理 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク