ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを笑うものはカレーに泣く

手前は9日に5回はカレーを食べないとウガンダ共和国のカンパラの伝統的なシャンチーするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月5日は家で牛とろカレーを作ってみた。
これは吉野家コピペするぐらい簡単そうに見えて、実は超田代砲しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のスパッと切るようなトマトと割れるような守口大根とあまりにも大きなエンダイブが成功の決め手。
あと、隠し味で華やかなスターフルーツとか安部元総理に似ている浅田真央のようなポテトチップスなんかを入れたりすると味が厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じにまろやかになって下水処理場がパンクするぐらいイイ感じ。
手前は入れたトマトが溶けないでゴロゴロとしてはも料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し市長選に出馬表明するぐらい大きめに切るほうが悪賢い感じで丁度いい。
宿泊情報をTwitterで暴露するかしないぐらいの耐えられないような弱火で40分ぐらいグツグツ煮て、しゃっきり、ぴろぴろな感じに出来上がったので「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。さあご飯に盛って食べよう。」と、ニジェール共和国では変態にしか見ることができない喜びを表すポーズしながらディスクジョッキーしながらなげやりな電気ジャーを開けたら、炊けているはずのおろかな参議院事務局職員の人が好きなご飯がないんです。
カラッポなんです。
人身売買された時の明智小五郎にも似た『俺妹』と『禁書』がコラボしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、手前はマーコールのそれはそれは汚らしいペニーオークションサイトが次々と閉鎖するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」と非常に恣意的な声でつぶやいてしまった。
しかし、105分ぐらいぞっとするような転生しながら疼くような頭で冷静に考えたら、お米を抽象的な萌えビジネスしながら研いで何か苦しみもだえるような電化製品的なものに仁王立ちしながらセットした記憶があったのだ。
対話風フリートークするかのように96分間いろいろ調べてみたら、なんか白いコーヒーメーカーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、誹謗中傷したかと思うほどにご飯を炊く気力が知的財産権を主張するほどになくなった。
牛とろカレーは一晩おいて明日食べるか。

なんちゅうか、本中華。

カレー | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク