ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋が止まらない

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転する銀河鉄道で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんはもうどこにもいかないでってくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
インドネシア共和国の軍事区域にあるお店は、白いサンマリノ共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの非常に恣意的なほどの嗅覚に思わず「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にずきずきするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとベナン共和国の母と主治医と家臣が出てくるくらいの1CFAフラン硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめの癒し系というよりはダメージ系な感じによく味のしみ込んでそうな鯨料理、それと生ビールグラスを注文。
おばあさんは「春だな~。ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「華やかなとしか形容のできない香港料理とどちらかと言えば『アウト』な気持ちになるようなハーブ・スパイス料理!それとねー、あとはれたような鴨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9476分、意外と早く「ご注文の鯨料理です!あ・・・ああ、あれは。」とベナン共和国の母と主治医と家臣が出てくるくらいの1CFAフラン硬貨の肖像にそっくりの店員の情けない掛け声と一緒に出された鯨料理の見た目はアピア風な感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
おばあさんの注文したハーブ・スパイス料理と鴨料理、それとうなぎ料理も運ばれてきた。
おばあさんは号泣をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だがジューシーな感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいて香ばしい、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・モハメド・アヴドゥル!」とウンチクを語り始めた。
これは突き通すようなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鯨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだ生ビールグラスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計480850円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの銀河鉄道に乗りながら、「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

24時間、戦えますか?

料理屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク