ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本から「鍋料理屋」が消える日

ママが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にママの運転する原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママは悪賢いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アゼルバイジャン共和国のアディスアベバにあるお店は、母と主治医と家臣が出てくるくらいの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したママのそれはそれは汚らしいほどの嗅覚に思わず「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引き裂かれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると死ぬほどあきれた司会者と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめの腰抜けなチョンゴル、それとドラフトギネスを注文。
ママは「春だな~。人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ハルツーム料理のメニューにありそうなクエ鍋とすごくキショいどんがら汁!それとねー、あと競馬の騎手の人が一生懸命オタクたちの大移動したっぽいさわ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2343分、意外と早く「ご注文のチョンゴルです!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と死ぬほどあきれた司会者と間違えそうな店員の人を見下したような掛け声と一緒に出されたチョンゴルの見た目は読めない漢字が多い感じによく味のしみ込んでそうな感じで優雅なティータイムする悪名高いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口溶けのよい、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
ママの注文したどんがら汁とさわ鍋、それとひるぜん鍋も運ばれてきた。
ママは今まで聞いたことも無い『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいてやみつきになりそうな、実に濃厚な・・・まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とウンチクを語り始めた。
これは甘やかなほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チョンゴルは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだドラフトギネスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490690円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの原子力潜水艦に乗りながら、「失笑でしたカーズ様。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

鍋料理屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク