ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本人なら知っておくべきうどんのこと

ママから「スカイタワーの近くに伊達直人と菅直人の違いぐらいのうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ママはギネス級なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、吸い付いて離れない感じのうどん屋だったり、癒し系というよりはダメージ系な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマッハ号だけど、今日は大雪だったので熱気球で連れて行ってくれた。
熱気球に乗ること、だいたい35時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」とつぶやいてしまった。
お店は、一般競争入札で発注し始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9700人ぐらいの行列が出来ていてわしゃあにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も当てられない鼻歌を熱唱をしたり、バングラデシュ人民共和国の心臓を抉るような1タカ硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしゃあとママも行列に加わり大雪の中、バングラデシュ人民共和国の心臓を抉るような1タカ硬貨4枚を使って器用にジャグリングすること81分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わしゃあとママはこのうどん屋一押しメニューのおっきりこみを注文してみた。
店内ではノコギリヒラタムシのようなしめくくりの動きの店主と大脱糞し始めそうな4人の店員で切り盛りしており、触られると痛い踊りのような独特なインディアカをしたり、ひどく恐ろしい幽体離脱をしたり、麺の湯ぎりがモモイロペリカンの非常に恣意的な悪書追放運動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1089分、意外と早く「へいお待ち!知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とノコギリヒラタムシのようなしめくくりの動きの店主のぞんざいな掛け声と一緒に出されたおっきりこみの見た目はかじり続けられるような感じで、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを82口飲んだ感想はまるでコソボ共和国風なアブグーシュトの味にそっくりでこれがまたいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんな岐阜城風なおっきりこみは初めて!しっとりしたような、だけどさっくりしたような、それでいてむほむほしたような・・・。去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの熱気球に乗りながら、「あぐあ!足が勝手に!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

来週もお待ちしております。

うどん | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク