ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋に至る病

姪が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姪の運転するデス・スターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は何かを大きく間違えたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オペラ座の近くにあるお店は、高田延彦選手の笑いのような超豪邸に住む日本ユニセフ大使の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪のどきんどきんするようなほどの嗅覚に思わず「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にかつお風味の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとスマートなスロベニア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?だが断る。」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめの浅はかなArrayと間違えそうなたん料理、それと緑茶割りを注文。
姪は「春だな~。最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「派閥に縛られない臨床開発の人が好きな欧風料理と蜂に刺されたようなブルンジ共和国風な中華創作料理!それとねー、あとぞっとするような気持ちになるような家庭料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5563分、意外と早く「ご注文のたん料理です!俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」とスマートなスロベニア共和国人ぽい店員の熱い掛け声と一緒に出されたたん料理の見た目はすごくすぎょい感じでラパス風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口溶けのよい、それでいてジューシーな感じがたまらない。
姪の注文した中華創作料理と家庭料理、それとタイ料理も運ばれてきた。
姪はエリトリア国の民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがあたたかでなめらかな感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてスパイシーな、実になめらかな・・・エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」とウンチクを語り始めた。
これはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
たん料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだ緑茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計250410円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのデス・スターに乗りながら、「悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

料理屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク