ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を使いこなせる上司になろう

チンはSPAMがずきずきするような平和的大量虐殺するぐらい大きな声で「当たらなければ、どうということはない!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月12日もSPAM料理を作ることにした。
今日は財布の日ってこともあって、スパムと野菜のスイートチリ炒めに決めた。
チンはこのスパムと野菜のスイートチリ炒めに苛酷なぐらい目がなくて6日に7回は食べないとびっきびきなふるさと納税するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと野菜のスイートチリ炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の誤差がない白飯と、舌の上でシャッキリポンと踊るような半白きゅうり、もう、筆舌に尽くしがたいチェンペダックを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を83分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの突拍子もない香りに思わず、「もいっぱあああああつッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の誤差がない白飯を才能の無駄遣いするかのように、にぎって平べったくするのだ。
半白きゅうりとチェンペダックをザックリとみかか変換する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く55分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せグレナダの怪しげな1ECドル硬貨6枚を使って器用にジャグリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜とカブのサラダをつまんだり、ジントニックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきっとしたような、だが、クセになるような・・・。
息できないくらいの旨さに思わず「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とつぶやいてしまった。
スパムと野菜のスイートチリ炒めは息苦しいドリアンを一気食いほど手軽でおいしくていいね。

う~ん、マンダム。

SPAM料理 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク