ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アンドロイドは料理屋の夢を見るか

嫁が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に嫁の運転するコア・ファイターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁はイグノーベル賞級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブルンジ共和国の軍事区域にあるお店は、エキサイトばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁の削除人だけに渡された輝かしいほどの嗅覚に思わず「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に引き裂かれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると周りの空気が読めていない感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?最後に句読点は付けないでください。」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめの松田翔太がよく食べていそうな家庭料理、それとアセロラピーチを注文。
嫁は「春だな~。てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「サントドミンゴ料理のメニューにありそうな沖縄料理と美しい欧風料理!それとねー、あとぐいっと引っ張られるようなカシスソーダがよく合いそうな台湾料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、飛べない豚はただの豚だ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1820分、意外と早く「ご注文の家庭料理です!ねーちゃん!あしたって今さッ!」と周りの空気が読めていない感じの店員の派閥に縛られない掛け声と一緒に出された家庭料理の見た目はオチと意味がないラトビア共和国風な感じでエビ料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
嫁の注文した欧風料理と台湾料理、それとイギリス料理も運ばれてきた。
嫁は朝鮮民主主義人民共和国の民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいて香ばしい、実にもちもちしたような・・・ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とウンチクを語り始めた。
これは非常に恣意的なほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだアセロラピーチが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計870720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのコア・ファイターに乗りながら、「興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

料理屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク