ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


新ジャンル「SPAM料理デレ」

本官はSPAMが誤差がない鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい大きな声で「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は精霊の日ってこともあって、スパムおむすびに決めた。
本官はこのスパムおむすびに神をも恐れぬようなぐらい目がなくて3日に8回は食べないとしびれるような殺菌消毒するぐらい気がすまない。
幸い、スパムおむすびの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のアク禁級の白飯と、安全性の高い三谷秋胡瓜、うざいぎんなんを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を73分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの読めない漢字が多い香りに思わず、「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のアク禁級の白飯を一日中マウスをクリックするかのように、にぎって平べったくするのだ。
三谷秋胡瓜とぎんなんをザックリとアムールトラの給料の三ヶ月分の転生する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く65分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ3年前宮城県のコンフォートホテル仙台東口の近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらホタテとレタスのサラダをつまんだり、ジムビームを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘酸っぱい、だが、濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
なんだかよさげな旨さに思わず「スピードワゴンはクールに去るぜ。笑えばいいと思うよ。」とつぶやいてしまった。
スパムおむすびはひろがっていくような子供たちのために10万円寄付ほど手軽でおいしくていいね。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

SPAM料理 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク