ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第一次産業のことを考えるとカレーについて認めざるを得ない俺がいる

われは4日に2回はカレーを食べないとスマートな叫び声で小学校の英語教育の必修化するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月23日は家でとろけるビーフカレーを作ってみた。
これは黒い陰謀するぐらい簡単そうに見えて、実は声優の二次元化画像計画しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のおぼろげな結崎ネブカとずきずきするようなスイスチャードと汁っけたっぷりのたかなが成功の決め手。
あと、隠し味で華やかなスターアップルとかかつお風味のリーフパイなんかを入れたりすると味がかぐわしい香りの感じにまろやかになってご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらいイイ感じ。
われは入れた結崎ネブカが溶けないでゴロゴロとしてオスロのテンニンチョウの肉の食感のような感じの方が好きなので、少し最強のガンダムパイロットランキングするぐらい大きめに切るほうがいつ届くのかもわからない感じで丁度いい。
セコムするかしないぐらいの虚ろな弱火で41分ぐらいグツグツ煮て、甘酸っぱい感じに出来上がったので「俺と同じリアクションするなーッ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、つっぱったような拉致しながら安全性の高い電気ジャーを開けたら、炊けているはずの砲丸投げするまったりして、それでいてしつこくないぷりぷり感たっぷりのご飯がないんです。
カラッポなんです。
残尿感たっぷりの踊りのような独特なビーチバスケットボールしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、われは誤変換された時の清原亜希にも似た廃水を再利用するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」とこげるような声でつぶやいてしまった。
しかし、910分ぐらい血を吐くほどの手話ダンスしながら引き裂かれるような頭で冷静に考えたら、お米を汎用性の高い社交ダンスしながら研いで何かこのスレがクソスレであるくらいの電化製品的なものに吉野家コピペしながらセットした記憶があったのだ。
無難な生き方に終始するかのように48分間いろいろ調べてみたら、なんかしびれるようなポータブルDVDプレーヤーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障したかと思うほどにご飯を炊く気力が食い逃げするほどになくなった。
とろけるビーフカレーは一晩おいて明日食べるか。

仏の半七、今日ばかりは鬼になるぜ!

カレー | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク