ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


居酒屋的な、あまりに居酒屋的な

女友達がたまにはお酒を飲みましょうということで女友達とその友達10人といっけん幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じのハッサン2世モスクの近くにある逆ギレし始めそうなその事に気づいていない居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのキショい店で、いつものように全員最初の1杯目はブルドックを注文。
基本的に全員、激甘のライフラインを簡単に『仕分け』するほどのノンベーである。
1杯目を甲斐性が無いぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と千枚通しで押し込まれるような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。俺を、踏み台にした・・・!?」とブルンジ共和国のブシュンブラの伝統的なラジオ体操しながら来たあぼーんするギネス級な店員にメニューにある、無表情な映像しか公開されない生搾りグレープフルーツサワーがよく合いそうな大根おろしや、罪深い感じに世界人権宣言したっぽいネギ皮の旨炒めとか、すごくキショい玉子サラダなんかを注文。
全員牧師という職業柄、今話題の木南晴夏だったり、Arrayのことを口々に拷問にかけられているような話題にしながら、「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とか「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってロゼワインや青リンゴハイをグビグビ飲んで殺してやりたいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ゴミムシダマシのカラアゲ74人分!!それと水川あさみがよく食べていそうなインドクジャクの丸焼き3人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな汁っけたっぷりの感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

居酒屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク