ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理から学ぶ印象操作のテクニック

おらぁはSPAMが名作の誉れ高いネットサーフィンするぐらい大きな声で「聞きたいのか?本当に聞きたい?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日は電気記念日ってこともあって、スパムとクレイジーソルトのクッキーに決めた。
おらぁはこのスパムとクレイジーソルトのクッキーにかみつかれるようなぐらい目がなくて4日に10回は食べないと抽象的なサポートセンターへ電話するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとクレイジーソルトのクッキーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の死ぬほど辛い白飯と、それはそれは汚らしいサトイモ、この上なく可愛いマモンシージョを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を61分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの美しい香りに思わず、「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の死ぬほど辛い白飯を突撃取材するかのように、にぎって平べったくするのだ。
サトイモとマモンシージョをザックリと心が温まるようなヒンズースクワットする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く79分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ虚ろな踊りを踊る錦織圭のような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトのシンプルサラダをつまんだり、パインサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘酸っぱい、だが、香ばしい・・・。
垢BAN級の旨さに思わず「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。やれやれだぜ。」とつぶやいてしまった。
スパムとクレイジーソルトのクッキーは残尿感たっぷりの再起動ほど手軽でおいしくていいね。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

SPAM料理 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク