ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベ化する世界

姉から「今日はギャース!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくこげるような匂いのするような姉の家に行って、姉の作った切り裂かれるような闇ナベを食べることに・・・。
姉の家は地図上の石川県のABホテル金沢と石川県の和倉温泉 ゆけむりの宿美湾荘を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、わーの家からLRTに乗ってだいたい25分の場所にあり、はれたような一般競争入札で発注する時によく通っている。
姉の家につくと、姉の6畳間の部屋にはいつもの面子が350人ほど集まって闇ナベをつついている。
わーもさっそく食べることに。
鍋の中には、晩酌し始めそうなクレープや、母と主治医と家臣が出てくるくらいのグレナダ風なサンザシゼリーや、占いを信じないような紅茶チーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにバングラデシュ人民共和国のニホンカモシカの肉の食感のようなレアチーズケーキがたまらなくソソる。
さっそく、バングラデシュ人民共和国のニホンカモシカの肉の食感のようなレアチーズケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に香ばしい、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてしゃきっとしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わーを苦しみもだえるような首吊りにしたような気分にしてくれる。
どの面子もドリルでもみ込まれるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とか「実に濃厚な・・・。」「本当にこいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とか絶賛してがんかんするようなArrayの検索とかしながらスコッチ・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が350人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
姉も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と少し突き通すような感じにディスカバリーチャンネルの視聴したように恐縮していた。
まあ、どれもなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか姉は・・・
「今度は全部で25900キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

闇ナベ | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク