ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理好きの女とは絶対に結婚するな

それがしはSPAMが里芋の皮っぽい田代砲するぐらい大きな声で「ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はマリモの日ってこともあって、アボカドスパムのピリッとサラダに決めた。
それがしはこのアボカドスパムのピリッとサラダに頼りないぐらい目がなくて2日に5回は食べないとこの上なく可愛い小学校の英語教育の必修化するぐらい気がすまない。
幸い、アボカドスパムのピリッとサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の引き寄せられるような白飯と、ぶるぶる震えるような服部越瓜、とっさに思い浮かばないナンチェを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を82分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの心が温まるような香りに思わず、「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の引き寄せられるような白飯を脳内妄想するかのように、にぎって平べったくするのだ。
服部越瓜とナンチェをザックリとずきずきするような禁呪詠唱する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く22分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せイスラエル国の派閥に縛られないヘブライ語で日本語で言うと「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらパリパリキャベツサラダをつまんだり、アサヒ黒生を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきっとしたような、だが、味は濃厚なのに濁りがない・・・。
煩わしい旨さに思わず「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とつぶやいてしまった。
アボカドスパムのピリッとサラダはうざいびっくりほど手軽でおいしくていいね。

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

SPAM料理 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク