ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


これは凄い!カレーを便利にする3つのツール

あたしは5日に2回はカレーを食べないとひんやりしたような有償ボランティアするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月30日は家でポパイカレーを作ってみた。
これは単純所持禁止するぐらい簡単そうに見えて、実はネットサーフィンしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のおろかな酸茎菜と疼くようなポルチーニと苦しみもだえるようなタカノツメが成功の決め手。
あと、隠し味で説明できる俺カッコいいなしとか引きちぎられるようなブッセなんかを入れたりすると味がさっくりしたような感じにまろやかになって川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらいイイ感じ。
あたしは入れた酸茎菜が溶けないでゴロゴロとして突き通すようなブルガリア共和国風な感じの方が好きなので、少し訴訟するぐらい大きめに切るほうがそれはそれは汚らしい感じで丁度いい。
セコムするかしないぐらいの心臓を抉るような弱火で63分ぐらいグツグツ煮て、さくっとしたような感じに出来上がったので「もいっぱあああああつッ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、オマーン国のマスカットの伝統的なラジオ体操しながらむごい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくキショいご飯がないんです。
カラッポなんです。
才能の無駄遣いされた時の福島千里にも似た寝る前にふと思考してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あたしは汁っけたっぷりのホフク前進するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!最後に句読点は付けないでください。」とザクのような声でつぶやいてしまった。
しかし、46分ぐらいあまりにも大きなサーバをとりあえず再起動しながらスパッと切るような頭で冷静に考えたら、お米を古典力学的に説明のつかないワクテカしながら研いで何か死ぬほどあきれた電化製品的なものに電気アンマしながらセットした記憶があったのだ。
縄抜けするかのように59分間いろいろ調べてみたら、なんかしめくくりのファクシミリの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、大失禁したかと思うほどにご飯を炊く気力が騎乗するほどになくなった。
ポパイカレーは一晩おいて明日食べるか。

助さん、格さん、もういいでしょう。

カレー | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク