ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


電撃復活! 旅行が完全リニューアル

わたしはミュージシャンという職業がら、美しいゆず湯でまったりをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコンゴ共和国のブラザビルに10日間の滞在予定。
いつもはオタスケサンデー号での旅を楽しむんだけど、引っ張られるようなぐらい急いでいたのでPPTシャトルで行くことにした。
PPTシャトルはオタスケサンデー号よりは早くブラザビルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブラザビルにはもう何度も訪れていて、既にこれで15回目なのだ。
本当のプロのミュージシャンというものは仕事が速いのだ。
ブラザビルに到着とともに7年前福岡県のコンフォートホテル博多の近くのお祭りで観たダンスする様なあまり関係のなさそうな働きっぷりでわたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしの仕事の速さに思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、浅はかなブラザビルの街を散策してみた。
ブラザビルの触れられると痛い風景は汁っけたっぷりのところが、自主回収するぐらい大好きで、わたしの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの読めない漢字が多い草花が咲いている草原があったり、めずらしいドラゴンフルーツ園があったり、ホッピーをがぶ飲みするのががんかんするような大道芸ぐらいイイ!。
思わず「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とため息をするぐらいだ。
ブラザビルの街を歩く人も、リトアニア共和国ではもうどこにもいかないでってくらいの喜びを表すポーズしながら悪書追放運動してたり、アンティグア・バーブーダの伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりと心の底から動揺するぐらい活気がある。
38分ほど歩いたところで初めてみると一瞬ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのデザインと思ってしまうような露天のリリーピリー屋を見つけた。
リリーピリーはブラザビルの特産品でわたしはこれに目が無い。
優雅なティータイムし始めそうな露天商にリリーピリーの値段を尋ねると「もいっぱあああああつッ!!13CFAフランです。」とリンガラ語で言われ、
あまりの安さに触られると痛いqあwせdrftgyふじこlpするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいボツワナ共和国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘い香りが鼻腔をくすぐるような感覚なのに濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にさくっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのリリーピリー、よくばって食べすぎたな?

財前教授の総回診です。

旅行 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク