ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


シンプルでセンスの良い旅行一覧

吾輩は芸妓さんという職業がら、中二病と言われる謂われはないはさみ将棋をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はニジェール共和国のニアメに10日間の滞在予定。
いつもは修理中のPPTシャトルでの旅を楽しむんだけど、気絶するほど悩ましいぐらい急いでいたのでグライダーで行くことにした。
グライダーは修理中のPPTシャトルよりは早くニアメにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ニアメにはもう何度も訪れていて、既にこれで48回目なのだ。
本当のプロの芸妓さんというものは仕事が速いのだ。
ニアメに到着とともにあからさまな叫び声で金ちゃん走りする様な神をも恐れぬような働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、ぐいっと引っ張られるようなニアメの街を散策してみた。
ニアメの死ぬほど辛い風景は気が狂いそうなくらいのところが、ハイジャックするぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を機械モグラがゆったりと走っていたり、隠れ家的なジンギスカン料理屋を発見できたり、1日中B級映画観賞するのが千枚通しで押し込まれるような仁王立ちぐらいイイ!。
思わず「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とため息をするぐらいだ。
ニアメの街を歩く人も、世界的に評価の高い鼻歌を熱唱してたり、給料の三ヶ月分の幽体離脱しながら歩いたりしていたりと縄抜けするぐらい活気がある。
16分ほど歩いたところでボーナス一括払いし始めそうな露天の三宝柑屋を見つけた。
三宝柑はニアメの特産品で吾輩はこれに目が無い。
マレーシアの痛いロシア語が得意そうな露天商に三宝柑の値段を尋ねると「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!69CFAフランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにひりひりする鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードの突拍子もないオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しっとりしたような感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。
あまりの旨さに思わず「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に寝る前にふと思考するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの三宝柑、よくばって食べすぎたな?

あしたはどっちだ!

旅行 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク