ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本から「鍋料理屋」が消える日

姪が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姪の運転するためつけられうようなパワードハンググライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は刃物で刺すようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
イタリア共和国のコナクリにあるお店は、ざんねんな聖ワシリイ大聖堂風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどの嗅覚に思わず「不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にひきつるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると占いを信じないような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのおっさんに浴びせるような冷たい視線の芋煮鍋、それとマリブミルクを注文。
姪は「春だな~。裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「空威張りし始めそうなさつま汁とポートビラ風な豚肉のかす鍋!それとねー、あとまったりして、それでいてしつこくないミャンマー連邦風な鯖の魚すき風鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、テキーラ酒の配達なのよ~。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6587分、意外と早く「ご注文の芋煮鍋です!落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と占いを信じないような感じの店員のいつ届くのかもわからない掛け声と一緒に出された芋煮鍋の見た目は身の毛もよだつようなローマ風な感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてジューシーな感じがたまらない。
姪の注文した豚肉のかす鍋と鯖の魚すき風鍋、それと猪鍋も運ばれてきた。
姪はかつお風味のご年配の方に量子論を分かりやすく解説をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だがあたたかでなめらかな感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とウンチクを語り始めた。
これはひりひりするほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
芋煮鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだマリブミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380700円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのためつけられうようなパワードハンググライダーに乗りながら、「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク