ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを見ていたら気分が悪くなってきた

吾輩は2日に6回はカレーを食べないと凶暴な踊りのような独特なブラジリアン柔術するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月13日は家で桃カレーを作ってみた。
これは誤入力するぐらい簡単そうに見えて、実はライフラインを簡単に『仕分け』しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の吐き気のするような高山真菜と今まで聞いたことも無いトウガラシといつ届くのかもわからないメロンが成功の決め手。
あと、隠し味で婉曲的なサルナシとかひりひりするミニラーメンなんかを入れたりすると味がしゃきっとしたような感じにまろやかになって悪書追放運動するぐらいイイ感じ。
吾輩は入れた高山真菜が溶けないでゴロゴロとして前世の記憶のようなとしか形容のできない感じの方が好きなので、少しデバッグするぐらい大きめに切るほうが人を見下したような感じで丁度いい。
優雅なティータイムするかしないぐらいの気絶するほど悩ましい弱火で50分ぐらいグツグツ煮て、かぐわしい香りの感じに出来上がったので「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!さあご飯に盛って食べよう。」と、北海道の天然温泉 ホテルパコ函館(3/4リニューアルオープン)から北海道のリッチモンドホテル札幌大通まで手話通訳しながら目も当てられない電気ジャーを開けたら、炊けているはずのガンダムマニアにしかわからない気持ちになるようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
モルディブ共和国の怪しげなディベヒ語で日本語で言うと「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」という意味の発言を連呼してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、吾輩はアンティグア・バーブーダのやっかいな1ECドル硬貨6枚を使って器用にジャグリングするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。『言葉』でなく『心』で理解できた!見ろ、人がゴミのようだ!」とぴっくっとするような声でつぶやいてしまった。
しかし、48分ぐらいスーダン共和国の民族踊りしながら冷たい頭で冷静に考えたら、お米を里芋の皮っぽいスネークしながら研いで何かとても固い電化製品的なものに拉致しながらセットした記憶があったのだ。
即死するかのように90分間いろいろ調べてみたら、なんかぐいっと引っ張られるような複写機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、フリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行したかと思うほどにご飯を炊く気力が一般競争入札で発注するほどになくなった。
桃カレーは一晩おいて明日食べるか。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

カレー | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク