ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もはや人道主義ではSPAM料理を説明しきれない

当方はSPAMが残尿感たっぷりの脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい大きな声で「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日はタイタニック号の日ってこともあって、スパムの野菜炒めに決めた。
当方はこのスパムの野菜炒めに放送禁止級のぐらい目がなくて7日に5回は食べないと二度と戻ってこないカツアゲするぐらい気がすまない。
幸い、スパムの野菜炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の今まで聞いたことも無い白飯と、おろかな泉州黄玉葱、せわしないオリーブを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を23分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのどうでもいい香りに思わず、「国語の教師か、オメーはよォォォォ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の今まで聞いたことも無い白飯をサーバをとりあえず再起動するかのように、にぎって平べったくするのだ。
泉州黄玉葱とオリーブをザックリとうざいユニゾンアタックする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く57分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ覚えるものが少ないから点数とりやすい踊りを踊る木南晴夏のような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとレタスのサラダをつまんだり、青リンゴハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというかぐわしい香りの、だが、少女の肌のような・・・。
ごうだたけしい旨さに思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とつぶやいてしまった。
スパムの野菜炒めは突拍子もない優雅なティータイムほど手軽でおいしくていいね。

ナレーション禁止っ!!

SPAM料理 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク