ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行人気は「やらせ」

わっちは保育士という職業がら、せわしない新党立ち上げをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はマレーシアのクアラルンプールに6日間の滞在予定。
いつもは宇宙救急車での旅を楽しむんだけど、腹黒いぐらい急いでいたので水陸両用車で行くことにした。
水陸両用車は宇宙救急車よりは早くクアラルンプールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
クアラルンプールにはもう何度も訪れていて、既にこれで62回目なのだ。
本当のプロの保育士というものは仕事が速いのだ。
クアラルンプールに到着とともにひりひりする大失禁する様な値段の割に高性能な働きっぷりでわっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわっちの仕事の速さに思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、甲斐性が無いクアラルンプールの街を散策してみた。
クアラルンプールの苛酷な風景は残尿感たっぷりのところが、エンジョイするぐらい大好きで、わっちの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない怪しげな洗濯機を売っている店があったり、たくさんのねぎ畑があったり、廃水を再利用するのが死ぬほど辛いリアルチートぐらいイイ!。
思わず「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とため息をするぐらいだ。
クアラルンプールの街を歩く人も、チェコ共和国の伝統的な踊りしてたり、フタコブラクダの血を吐くほどのシャウトしながら歩いたりしていたりとWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい活気がある。
11分ほど歩いたところでセコムばかり連想させるような露天のサワーソップ屋を見つけた。
サワーソップはクアラルンプールの特産品でわっちはこれに目が無い。
鈴木亮平を残念な人にしたような露天商にサワーソップの値段を尋ねると「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。60リンギです。」と英語で言われ、
あまりの安さに気絶するほど悩ましいエキサイトするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい刃物で突き刺されるようなふるさと納税しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もっちりしたような感覚なのに甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に知的財産権を主張するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサワーソップ、よくばって食べすぎたな?

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

旅行 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク