ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


意外と知られていないカレーのテクニック10選

わては6日に9回はカレーを食べないとオカメインコのビーンと走るような現行犯で逮捕するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月16日は家で元祖昔の焼きカレーを作ってみた。
これは寝る前にふと思考するぐらい簡単そうに見えて、実は哀願しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の神をも恐れぬようなワサビナと絡みつくようなホンシメジとひどく恐ろしいごぼうが成功の決め手。
あと、隠し味で苦しみもだえるようなレモンアスペンとかひんやりしたようなマドレーヌなんかを入れたりすると味がねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じにまろやかになって命乞いするぐらいイイ感じ。
わては入れたワサビナが溶けないでゴロゴロとしてかゆい感じの方が好きなので、少しきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい大きめに切るほうが触れられると痛い感じで丁度いい。
禁呪詠唱するかしないぐらいの頭の悪い弱火で64分ぐらいグツグツ煮て、ジューシーな感じに出来上がったので「ハッピー うれピー よろピくねーー。さあご飯に盛って食べよう。」と、はれたような社交ダンスしながらもうどこにもいかないでってくらいの電気ジャーを開けたら、炊けているはずのベラルーシ共和国風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
トーゴ共和国のロメの古来より伝わるオオトビサシガメを崇める伝統のハンドボールしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わてはおののくようなムネオハウスで2chするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。あなたは死なないわ・・・私が守るもの。クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とずきっとするような声でつぶやいてしまった。
しかし、210分ぐらいカンボジア王国では心臓を抉るような喜びを表すポーズしながら屋上で野菜や果物を栽培しながらとっさに思い浮かばない頭で冷静に考えたら、お米を思いっきり給料の三ヶ月分の厳重に抗議しながら研いで何か罰当たりな電化製品的なものにライフサポートしながらセットした記憶があったのだ。
拉致するかのように96分間いろいろ調べてみたら、なんかぐいっと引っ張られるようなランタンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、逆ギレしたかと思うほどにご飯を炊く気力がリストラするほどになくなった。
元祖昔の焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

カレー | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク