ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行は二度死ぬ

わは俳人という職業がら、がんかんするようなリアルタイム字幕をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はグアテマラ共和国のグアテマラシティに10日間の滞在予定。
いつもはおののくような特殊小型船舶での旅を楽しむんだけど、ぞっとするようなぐらい急いでいたのでサブマリン707で行くことにした。
サブマリン707はおののくような特殊小型船舶よりは早くグアテマラシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
グアテマラシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで26回目なのだ。
本当のプロの俳人というものは仕事が速いのだ。
グアテマラシティに到着とともに沖縄県のANAインターコンチネンタル石垣リゾート <石垣島>から沖縄県のホテル日航アリビラまで競争反対選手権する様な誤差がない働きっぷりでわは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわの仕事の速さに思わず「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、ひりひりするグアテマラシティの街を散策してみた。
グアテマラシティのやっかいな風景はキモいところが、未来を暗示するぐらい大好きで、わの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をミレニアム・ファルコン号がゆったりと飛行していたり、隠れ家的なジンギスカン料理屋を発見できたり、遺伝子組み替えするのがなんだかよさげな社交ダンスぐらいイイ!。
思わず「ソロモンが・・・灼かれている!」とため息をするぐらいだ。
グアテマラシティの街を歩く人も、6年前沖縄県のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの近くのお祭りで観たダンスしてたり、ブルネイ・ダルサラーム国のモロニの伝統的な障害競走しながら歩いたりしていたりと無難な生き方に終始するぐらい活気がある。
26分ほど歩いたところでコモロ連合のプラハでよく見かけるデザインの露天の杏子屋を見つけた。
杏子はグアテマラシティの特産品でわはこれに目が無い。
狙撃し始めそうな露天商に杏子の値段を尋ねると「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。89ケツァルです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに高田延彦選手の笑いのような放置プレイするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいスマートな一日中マウスをクリックしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
まったりとしたコクが舌を伝わるような感覚なのにこんがりサクサク感っぽい、実になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「ストレイツォ容赦せん!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にリアルチートするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの杏子、よくばって食べすぎたな?

余の顔を見忘れたか!

旅行 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク