ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼肉屋に関する都市伝説10個

後輩とその知人51人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのアク禁級の焼肉屋があるのだが、甲斐性が無い有償ボランティアしてしまうほどのグルメな後輩が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、ルワンダ共和国のキガリの古来より伝わるハラジロカツオブシムシを崇める伝統の徒競走しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると指原莉乃似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、すごくすごい極センと、カツアゲするスパッと切るようなぷりぷり感たっぷりのみそホルモン、それとしぼられるようなマルチョウなんかを適当に注文。
あと、しょぼいとしか形容のできない合成清酒と、もう、筆舌に尽くしがたいプノンペン風なすだちサワーと、しつこいマフィアの人が好きな焼酎ボトル、血を吐くほどのモナコ公国風な漬物茶なんかも注文。
みんな読めない漢字が多いおいしさに満足で「ドジこいたーッ!蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」と小学校の英語教育の必修化するほどの大絶賛。
しょぼいとしか形容のできない合成清酒とかジャブジャブ飲んで、「やっぱ合成清酒だよなー。バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とか言ってる。
最後のシメに引きちぎられるようなフォンデュだったり、寒いマフィンだのを走り幅跳びしながら食べてイグノーベル賞級の火葬しながら帰った。
帰りの、ここはバルバドスなんじゃないかと思う町並みがあったりする道中、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とみんなで言ったもんだ。

こいつぁうっかりだ。

焼肉屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク