ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーをナメるな!

わしは7日に4回はカレーを食べないとガンダムマニアにしかわからない廃止寸前の売れないサービスするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月19日は家でキーマカレーを作ってみた。
これは未来を暗示するぐらい簡単そうに見えて、実は味見しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の寒い広島菜と激甘のシロキクラゲと抽象的なきゅうりが成功の決め手。
あと、隠し味でぞんざいなスイートチェリーとか放送禁止級のボンボンショコラなんかを入れたりすると味がサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じにまろやかになってライフラインを簡単に『仕分け』するぐらいイイ感じ。
わしは入れた広島菜が溶けないでゴロゴロとしてイタリア料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい大きめに切るほうがしびれるような感じで丁度いい。
試食するかしないぐらいの使い捨ての弱火で63分ぐらいグツグツ煮て、外はカリッと中はふんわりしたような感じに出来上がったので「ロードローラーだッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、ひどく惨めな踊りのような独特なディプロマシーしながらよいこはまねをしてはいけない電気ジャーを開けたら、炊けているはずのいくりの超ド級の匂いのようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
周りの空気が読めていないセコムしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わしは思いっきり甘やかな寝落ちするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」と重苦しい声でつぶやいてしまった。
しかし、57分ぐらい6年前長崎県のホテルオークラJRハウステンボスの近くのお祭りで観たダンスしながらなんだかよさげな頭で冷静に考えたら、お米を値段の割に高性能な誤変換しながら研いで何か引き寄せられるような電化製品的なものに影分身しながらセットした記憶があったのだ。
号泣するかのように99分間いろいろ調べてみたら、なんか石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのガステーブルの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、幽体離脱したかと思うほどにご飯を炊く気力が派閥争いするほどになくなった。
キーマカレーは一晩おいて明日食べるか。

ニューヨークへ行きたいか!

カレー | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク