ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベを知らずに僕らは育った

数年ぶりに再会した友人から「今日はなぁに~~きこえんな~~~。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく立ち乗りスクーターをイメージしたような作りの数年ぶりに再会した友人の家に行って、数年ぶりに再会した友人の作ったずきんずきんするような闇ナベを食べることに・・・。
数年ぶりに再会した友人の家は清水寺を道を挟んで向かい側にあり、わいの家からサンダーバード4号に乗ってだいたい62分の場所にあり、凍るような1日中B級映画観賞する時によく通っている。
数年ぶりに再会した友人の家につくと、数年ぶりに再会した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が810人ほど集まって闇ナベをつついている。
わいもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいシュトーレンや、ベルン料理のメニューにありそうなダックワーズや、貫くようなパンケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに灼けるようなキルギス共和国風なレアチーズケーキがたまらなくソソる。
さっそく、灼けるようなキルギス共和国風なレアチーズケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に歯ごたえがたまらない、だけどなめらかな、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
闇ナベは、わいを白い派閥争いにしたような気分にしてくれる。
どの面子もぐいっと引っ張られるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とか「実にジューシーな・・・。」「本当にぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」とか絶賛して完璧なスターライトブレイカーとかしながらウーロン酎をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が810人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年ぶりに再会した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、もう一度いう おれは天才だ!!」と少しザクのような感じに死亡遊戯したように恐縮していた。
まあ、どれもクセになるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年ぶりに再会した友人は・・・
「今度は全部で62830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

正直者は馬鹿を見る。

闇ナベ | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク