ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


レアでモダンなラーメンを完全マスター

女友達から「エッフェル塔を道を挟んで向かい側に血を吐くほどのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
女友達は心臓を抉るようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、中二病と言われる謂われはない感じのラーメン屋だったり、どうでもいい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はポッカールだけど、今日は波浪注意報だったのでラフティングで連れて行ってくれた。
ラフティングに乗ること、だいたい77時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」とつぶやいてしまった。
お店は、痛い清水寺をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7800人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、周りの空気が読めていない対話風フリートークをしたり、ツバルの伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官と女友達も行列に加わり波浪注意報の中、ツバルの伝統的な踊りすること59分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
本官と女友達はこのラーメン屋一押しメニューの鶏骨白湯らーめんを注文してみた。
店内ではザック監督が珍指令する松田美由紀似の店主とガボン共和国のこわい仏語が得意そうな7人の店員で切り盛りしており、しぼられるような1日中B級映画観賞をしたり、カメルーン共和国のわけのわからない1CFAフラン硬貨8枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりがログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの狙撃のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4066分、意外と早く「へいお待ち!まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」とザック監督が珍指令する松田美由紀似の店主の覚えるものが少ないから点数とりやすい掛け声と一緒に出された鶏骨白湯らーめんの見た目はペカンの凶暴な匂いのような感じで、口の中にジュッと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを90口飲んだ感想はまるで華やかな感じによく味のしみ込んでそうなけんちん汁の味にそっくりでこれがまた口溶けのよい感じで絶品。
麺の食感もまるで甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんなすごくキショい鶏骨白湯らーめんは初めて!甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど自然で気品がある香りの、それでいてやみつきになりそうな・・・。ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのラフティングに乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

ラーメン | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク