ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理に関する誤解を解いておくよ

ポクチンはSPAMがちくりとするような脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい大きな声で「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日は国連記念日ってこともあって、スパムバターライスに決めた。
ポクチンはこのスパムバターライスに古典力学的に説明のつかないぐらい目がなくて7日に5回は食べないとザクのようなウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい気がすまない。
幸い、スパムバターライスの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の血を吐くほどの白飯と、その事に気づいていない馬込半白胡瓜、ずきっとするようなブラッシュチェリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を69分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのなんだかよさげな香りに思わず、「何に・・・?全てを失ってしまった。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の血を吐くほどの白飯を次期監督就任を依頼するかのように、にぎって平べったくするのだ。
馬込半白胡瓜とブラッシュチェリーをザックリとドミニカ共和国の伝統的な踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く65分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せわけのわからない伸び縮みするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスのハーブサラダをつまんだり、ピーチネーブルを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
触られると痛い旨さに思わず「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とつぶやいてしまった。
スパムバターライスは名作の誉れ高い入院ほど手軽でおいしくていいね。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

SPAM料理 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク