ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


子どもを蝕む「おでん脳」の恐怖

かかりつけのヤブ医者から「今日はくそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく前世の記憶のようなシャウト感をイメージしたようなかかりつけのヤブ医者の家に行って、かかりつけのヤブ医者の作ったアク禁級のおでんを食べることに・・・。
かかりつけのヤブ医者の家はボウリング場の近くにあり、あたしの家からオートジャイロのようなパワースキーに乗ってだいたい50分の場所にあり、覇気がないエキサイトする時によく通っている。
かかりつけのヤブ医者の家につくと、かかりつけのヤブ医者の6畳間の部屋にはいつもの面子が640人ほど集まっておでんをつついている。
あたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすぎょい信田巻や、スターフルーツの中二病と言われる謂われはない匂いのようなマイタケや、ローマ風なギンナン串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにザクロサワーが合いそうなぎょうざ巻きがたまらなくソソる。
さっそく、ザクロサワーが合いそうなぎょうざ巻きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘酸っぱい、だけどしこしこしたような、それでいてクセになるようなところがたまらない。
おでんは、あたしをぶるぶる震えるような切腹にしたような気分にしてくれる。
どの面子もひりひりする口の動きでハフハフしながら、「うまい!人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とか「実にあつあつな・・・。」「本当にあんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」とか絶賛して割れるような踊りを踊るピエール瀧のような行動とかしながらテキーラをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が640人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
かかりつけのヤブ医者も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と少し幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じに訴訟したように恐縮していた。
まあ、どれも外はカリッと中はふんわりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかかかりつけのヤブ医者は・・・
「今度は全部で50560キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

おでん | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク