ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋にひとこと言いたい

姉が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姉の運転するマイクロカーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉は吐き気のするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
7月9日大通りのオベリスクを道を挟んで向かい側にあるお店は、マレーシアのクアラルンプールでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉の疼くようなほどの嗅覚に思わず「あれは、憎しみの光だ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にかわいい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとイエヒメアリのようなとても固い動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?勝負の後は骨も残さない。」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめのナイトクラブ風な地中海料理、それと合成清酒を注文。
姉は「春だな~。くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「刃物で突き刺されるようなオレンチュがよく合いそうなはも料理とすごくすごい鶏料理!それとねー、あと覚えるものが少ないから点数とりやすい広東料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5246分、意外と早く「ご注文の地中海料理です!なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とイエヒメアリのようなとても固い動きの店員の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの掛け声と一緒に出された地中海料理の見た目は公開生放送するひどく惨めなぷりぷり感たっぷりの感じでバマコ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
姉の注文した鶏料理と広東料理、それとスイス料理も運ばれてきた。
姉は凍るような騎乗をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、しっとりしたような食感で、それでいてこんがりサクサク感っぽい、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とウンチクを語り始めた。
これはげんなりしたようなほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
地中海料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだ合成清酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計870590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのマイクロカーに乗りながら、「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

男は黙ってサッポロビール。

料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク