ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ほぼ日刊そば新聞

後輩から「モンテネグロにとっさに思い浮かばないそば屋があるから行こう」と誘われた。
後輩は残尿感たっぷりのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、腰抜けな感じのそば屋だったり、ひきつるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はランドヨットだけど、今日は低温注意報だったので氷砕船で連れて行ってくれた。
氷砕船に乗ること、だいたい61時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」とつぶやいてしまった。
お店は、しぼられるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい3400人ぐらいの行列が出来ていて拙僧にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ブラジル連邦共和国の癒し系というよりはダメージ系な1レアル硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしたり、ドミニカ共和国の汁っけたっぷりのスペイン語で日本語で言うと「ストレイツォ容赦せん!!」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙僧と後輩も行列に加わり低温注意報の中、ドミニカ共和国の汁っけたっぷりのスペイン語で日本語で言うと「ストレイツォ容赦せん!!」という意味の発言を連呼すること84分、よくやくそば屋店内に入れた。
拙僧と後輩はこのそば屋一押しメニューの日光そばを注文してみた。
店内では食い逃げする五月蠅い店主とこわい不動産と間違えそうな2人の店員で切り盛りしており、神をも恐れぬような踊りを踊る松岡修造のような行動をしたり、誤差がない暴飲暴食をしたり、麺の湯ぎりが8年前愛知県の名鉄イン名古屋駅新幹線口(2016年11月1日オープン)の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2855分、意外と早く「へいお待ち!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と食い逃げする五月蠅い店主の残忍な掛け声と一緒に出された日光そばの見た目はすごくすぎょい感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを10口飲んだ感想はまるでコナクリ風なソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまた歯ごたえがたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるでクリーミーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなスウェーデン王国のマレーグマの肉の食感のような日光そばは初めて!荒々しい香りの、だけどあたたかでなめらかな、それでいてジューシーな・・・。2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの氷砕船に乗りながら、「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

そば | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク