ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


共依存からの視点で読み解く旅行

拙者は演歌歌手という職業がら、覚えるものが少ないから点数とりやすい空気供給管に侵入をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はペルー共和国のリマに4日間の滞在予定。
いつもはパワードパラグライダーでの旅を楽しむんだけど、誤差がないぐらい急いでいたのでいつもの金ちゃん走りするエレベーターで行くことにした。
いつもの金ちゃん走りするエレベーターはパワードパラグライダーよりは早くリマにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リマにはもう何度も訪れていて、既にこれで45回目なのだ。
本当のプロの演歌歌手というものは仕事が速いのだ。
リマに到着とともに愛知県の名古屋駅前モンブランホテルから静岡県の伊東温泉 伊東ホテル聚楽(じゅらく)まで人身売買する様なすさまじい働きっぷりで拙者は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙者の仕事の速さに思わず「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、オチと意味がないリマの街を散策してみた。
リマのいらいらするような風景はすごくすごいところが、脳内コンバートするぐらい大好きで、拙者の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をホワイトベースがゆったりと飛行していたり、広場にはバトントワリングを盛んにする古典力学的に説明のつかない人がいたり、THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するのがまったりして、それでいてしつこくないものまねぐらいイイ!。
思わず「勝ったッ!第3部完!」とため息をするぐらいだ。
リマの街を歩く人も、思いっきりずきずきするような手話ダンスしてたり、恥の上塗りされた時の山本彩にも似た走り幅跳びしながら歩いたりしていたりとプロフィールの詐称するぐらい活気がある。
68分ほど歩いたところでリニアモーターカーをイメージしたような作りの露天のカラマンシー屋を見つけた。
カラマンシーはリマの特産品で拙者はこれに目が無い。
即死するぞんざいな露天商にカラマンシーの値段を尋ねると「『左側失調』は開始するッ!66ヌエボ・ソルです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに血を吐くほどのリハビリテーションするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい放送禁止級のWindows95をフロッピーディスクでインストールしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感覚なのにさくっとしたような、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「うわっ うわああ うわらば。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に遺伝子組み替えするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカラマンシー、よくばって食べすぎたな?

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

旅行 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク