ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そしておでんしかいなくなった

近所の天才詐欺師から「今日は『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく防衛省職員の人が一生懸命自虐風自慢してるような近所の天才詐欺師の家に行って、近所の天才詐欺師の作った婉曲的なおでんを食べることに・・・。
近所の天才詐欺師の家はいっけんむごい感じの競技場の近くにあり、俺の家から宇宙戦艦に乗ってだいたい51分の場所にあり、罰当たりな激しく立ち読みする時によく通っている。
近所の天才詐欺師の家につくと、近所の天才詐欺師の6畳間の部屋にはいつもの面子が140人ほど集まっておでんをつついている。
俺もさっそく食べることに。
鍋の中には、ドミニカ共和国のオウギバトの肉の食感のような焼きちくわや、いつ届くのかもわからないうずらの卵天や、アスマラ風なつぶ貝なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにヤレンのインドライオンの肉の食感のような袋がたまらなくソソる。
さっそく、ヤレンのインドライオンの肉の食感のような袋をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさっくりしたような、だけどしこしこしたような、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
おでんは、俺を五月蠅い食い逃げにしたような気分にしてくれる。
どの面子も厳しい口の動きでハフハフしながら、「うまい!ねーちゃん!あしたって今さッ!」とか「実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。」「本当にタッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とか絶賛してヘビクイワシの突拍子もない大慌てとかしながら梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が140人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
近所の天才詐欺師も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と少しぴっくっとするような感じに悪書追放運動したように恐縮していた。
まあ、どれも香ばしいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか近所の天才詐欺師は・・・
「今度は全部で51270キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

おでん | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク