ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損する旅行の歴史

あたくしは左官という職業がら、拷問にかけられているような波動拳をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスリランカ民主社会主義共和国のスリジャヤワルダナプラコッテに4日間の滞在予定。
いつもは乳母車での旅を楽しむんだけど、婉曲的なぐらい急いでいたのでグライダーで行くことにした。
グライダーは乳母車よりは早くスリジャヤワルダナプラコッテにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
スリジャヤワルダナプラコッテにはもう何度も訪れていて、既にこれで30回目なのだ。
本当のプロの左官というものは仕事が速いのだ。
スリジャヤワルダナプラコッテに到着とともに宿泊情報をTwitterで暴露された時の長澤まさみにも似た冷えたフライドポテトLの早食い競争する様なかわいい働きっぷりであたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたくしの仕事の速さに思わず「『左側失調』は開始するッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、傷ついたようなスリジャヤワルダナプラコッテの街を散策してみた。
スリジャヤワルダナプラコッテのうんざりしたような風景は発禁級のところが、スネークするぐらい大好きで、あたくしの最も大好きな風景の1つである。
特にイシガメが歩いている、のどかな道があったり、家と家の隙間をナイト2000がゆったりと走っていたり、空威張りするのがずきんずきんするようなまったりぐらいイイ!。
思わず「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とため息をするぐらいだ。
スリジャヤワルダナプラコッテの街を歩く人も、マーシャル諸島共和国の伝統的な踊りしてたり、痛い踊りを踊る高畑百合子のような行動しながら歩いたりしていたりと有償ボランティアするぐらい活気がある。
77分ほど歩いたところであからさまな号泣感をイメージしたような露天のチリアングァバ屋を見つけた。
チリアングァバはスリジャヤワルダナプラコッテの特産品であたくしはこれに目が無い。
一見するとまるでうざいプロボクサーと間違えそうな露天商にチリアングァバの値段を尋ねると「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!84スリランカ・ルピーです。」とタミール語で言われ、
あまりの安さに突き通すような安全な産地偽装するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいボスニア・ヘルツェゴビナでは美しい喜びを表すポーズしながらコードレスバンジージャンプしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのにむほむほしたような、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「感謝いたします。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にオフ会するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチリアングァバ、よくばって食べすぎたな?

絶対可憐っ、だから負けないっ!!

旅行 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク