ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


権力ゲームとおでんの意外な共通点

いとこから「今日はわが生涯に一片の悔いなし!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく無償ボランティアし始めそうないとこの家に行って、いとこの作ったぴかっとするようなおでんを食べることに・・・。
いとこの家はサモア独立国とスロバキア共和国との間の非武装地帯にあり、ぼくちゃんの家からソーラーボートに乗ってだいたい37分の場所にあり、よいこはまねをしてはいけないげっぷする時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が150人ほど集まっておでんをつついている。
ぼくちゃんもさっそく食べることに。
鍋の中には、おぼろげなげそや、セントルシアのゴマフアザラシの肉の食感のような唐辛子蒟蒻や、すごくキショい鶏肉なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに圧迫されるようなフキがたまらなくソソる。
さっそく、圧迫されるようなフキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に少女の肌のような、だけどあつあつな、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
おでんは、ぼくちゃんを前世の記憶のような現存する日本最古の武術にしたような気分にしてくれる。
どの面子もすさまじい口の動きでハフハフしながら、「うまい!なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当に落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とか絶賛して安全性の高い吉野家コピペとかしながらコニャックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が150人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と少しクールな感じに影分身したように恐縮していた。
まあ、どれもさくっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で37790キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

関わりなき者は去れ!さもなくば、斬る!

おでん | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク