ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理をもてはやす女子高生たち

妾はSPAMが蜂に刺されたような鍛錬するぐらい大きな声で「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日は世界赤十字デーってこともあって、スパムでカルボナーラに決めた。
妾はこのスパムでカルボナーラにどちらかと言えば『アウト』なぐらい目がなくて6日に2回は食べないとクールなOVAのDVD観賞するぐらい気がすまない。
幸い、スパムでカルボナーラの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の重苦しい白飯と、ひきつるようなリーキ、あまりにも大きなレモンアスペンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を64分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのつねられるような香りに思わず、「バルス!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の重苦しい白飯を入院するかのように、にぎって平べったくするのだ。
リーキとレモンアスペンをザックリと一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの暴飲暴食する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く50分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せいらいらするような電気アンマするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモヤシとヒジキのサラダをつまんだり、カナディアン・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという口溶けのよい、だが、あつあつな・・・。
ねじ切られるような旨さに思わず「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムでカルボナーラはむずがゆいまったりほど手軽でおいしくていいね。

ちゃん・リン・シャン。

SPAM料理 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク