ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


JavaScriptでそばを実装してみた

窓際部長から「ピラミッドの近くに頼りないそば屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長はぞっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、いつ届くのかもわからない感じのそば屋だったり、凶暴な味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブローカートだけど、今日は根雪だったのでユーコンで連れて行ってくれた。
ユーコンに乗ること、だいたい17時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、鋭い平壌高麗ホテルをマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5700人ぐらいの行列が出来ていてそれがしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、エチオピア連邦民主共和国の前世の記憶のような1ブル硬貨6枚を使って器用にジャグリングをしたり、まったりして、それでいてしつこくない叫び声で新党立ち上げをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
それがしと窓際部長も行列に加わり根雪の中、まったりして、それでいてしつこくない叫び声で新党立ち上げすること78分、よくやくそば屋店内に入れた。
それがしと窓際部長はこのそば屋一押しメニューの椎葉そばを注文してみた。
店内ではブルガリア共和国人ぽい店主と給料の三ヶ月分の格好のYUI似の8人の店員で切り盛りしており、セントクリストファー・ネーヴィスの伝統的な踊りをしたり、目も止まらないスピードの中二病と言われる謂われはないオタ芸をしたり、麺の湯ぎりが群馬県の草津温泉 ホテル一井から栃木県の鬼怒川温泉 鬼怒川プラザホテルまで大失禁のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9415分、意外と早く「へいお待ち!俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とブルガリア共和国人ぽい店主のぶるぶる震えるような掛け声と一緒に出された椎葉そばの見た目はポルトガル料理屋のメニューにありそうな感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを95口飲んだ感想はまるですごくすぎょいアクアパッツァの味にそっくりでこれがまたのつのつしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんな値段の割に高性能な椎葉そばは初めて!荒々しい香りの、だけど自然で気品がある香りの、それでいてジューシーな・・・。ねーちゃん!あしたって今さッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのユーコンに乗りながら、「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

そば | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク