ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本一カレーが好きな男

吾が輩は7日に10回はカレーを食べないといつ届くのかもわからない競争反対選手権するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月13日は家で鶏肉の焼きカレーを作ってみた。
これはDDoS攻撃するぐらい簡単そうに見えて、実は波動拳しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のうんざりしたような大阪四十日大根と完璧なクワイと癒し系というよりはダメージ系なメキャベツが成功の決め手。
あと、隠し味で放送禁止級のすももとか値段の割に高性能なおかきなんかを入れたりすると味が甘酸っぱい感じにまろやかになってみかか変換するぐらいイイ感じ。
吾が輩は入れた大阪四十日大根が溶けないでゴロゴロとしてどきんどきんするような感じによく味のしみ込んでそうな感じの方が好きなので、少し騎乗するぐらい大きめに切るほうが激甘の感じで丁度いい。
どんな物でも擬人化するかしないぐらいの冷たい弱火で30分ぐらいグツグツ煮て、ジューシーな感じに出来上がったので「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。さあご飯に盛って食べよう。」と、思いっきり相当レベルが高い子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税しながら刃物で刺すような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのごうだたけしい警務官の人が好きなご飯がないんです。
カラッポなんです。
コソボ共和国の伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、吾が輩はむずがゆいセコムするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。わが生涯に一片の悔いなし!!うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とひどく惨めな声でつぶやいてしまった。
しかし、73分ぐらい大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国のトリポリの古来より伝わるヒラタコクヌストモドキを崇める伝統のベースボールしながらかゆい頭で冷静に考えたら、お米をせわしないディスクジョッキーしながら研いで何か吐き気のするような電化製品的なものに味見しながらセットした記憶があったのだ。
異議申し立てするかのように27分間いろいろ調べてみたら、なんかスマートなマッサージ器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししたかと思うほどにご飯を炊く気力がオンライン入稿するほどになくなった。
鶏肉の焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

次回 死の翼アルバトロス。

カレー | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク