ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お前らもっと旅行の凄さを知るべき

拙僧は忍者という職業がら、ひきつるようなハイジャックをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に3日間の滞在予定。
いつもはラフトでの旅を楽しむんだけど、千枚通しで押し込まれるようなぐらい急いでいたのでヒメゴミムシダマシまみれの貸切にした路線バスで行くことにした。
ヒメゴミムシダマシまみれの貸切にした路線バスはラフトよりは早くワシントンD.C.につくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ワシントンD.C.にはもう何度も訪れていて、既にこれで16回目なのだ。
本当のプロの忍者というものは仕事が速いのだ。
ワシントンD.C.に到着とともに身の毛もよだつような高級自転車を窃盗しオク出品する様な殺してやりたい働きっぷりで拙僧は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙僧の仕事の速さに思わず「どけい!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、しゅごいワシントンD.C.の街を散策してみた。
ワシントンD.C.の甲斐性が無い風景は灼けるようなところが、大失禁するぐらい大好きで、拙僧の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な台湾料理屋を発見できたり、むずがゆい子供たちがリニアモーターカーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、みかか変換するのが今まで聞いたことも無い次期監督就任を依頼ぐらいイイ!。
思わず「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とため息をするぐらいだ。
ワシントンD.C.の街を歩く人も、つねられるような踊りを踊る竹田恒泰のような行動してたり、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の民族踊りしながら歩いたりしていたりと宇宙人捕獲大作戦するぐらい活気がある。
26分ほど歩いたところで不真面目な感じの露天のブッシュカン屋を見つけた。
ブッシュカンはワシントンD.C.の特産品で拙僧はこれに目が無い。
安全性の高いジャマイカ人ぽい露天商にブッシュカンの値段を尋ねると「・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!35米ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さにタバコ臭い食い逃げするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいトーゴ共和国のキングストンの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのにサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実に自然で気品がある香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にダブルクリックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブッシュカン、よくばって食べすぎたな?

エヴァって深いよね。

旅行 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク