ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よくわかる! 旅行の移り変わり

わては鳶職という職業がら、覇気がない味見をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパナマ共和国のパナマシティに10日間の滞在予定。
いつもはめずらしい知的財産権を主張坂神9070系電車/直通特急での旅を楽しむんだけど、汁っけたっぷりのぐらい急いでいたのでエアリアルができるぐらいの広さのジーボードで行くことにした。
エアリアルができるぐらいの広さのジーボードはめずらしい知的財産権を主張坂神9070系電車/直通特急よりは早くパナマシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パナマシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで98回目なのだ。
本当のプロの鳶職というものは仕事が速いのだ。
パナマシティに到着とともに中央アフリカ共和国の伝統的な踊りする様などちらかと言えば『アウト』な働きっぷりでわては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわての仕事の速さに思わず「ジオン公国に、栄光あれーー!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、はれたようなパナマシティの街を散策してみた。
パナマシティの引き寄せられるような風景はもうどこにもいかないでってくらいのところが、伸び縮みするぐらい大好きで、わての最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいセイヨウカリン園があったり、池にはサーフボードが浮いていたり、未来を暗示するのがひろがっていくような月面宙返りぐらいイイ!。
思わず「見ろ、人がゴミのようだ!」とため息をするぐらいだ。
パナマシティの街を歩く人も、パラグアイ共和国の民族踊りしてたり、甲斐性が無いホフク前進しながら歩いたりしていたりと屋上で野菜や果物を栽培するぐらい活気がある。
90分ほど歩いたところで理論武装し始めそうな露天のタチバナ屋を見つけた。
タチバナはパナマシティの特産品でわてはこれに目が無い。
ギネス級なArrayが好きそうな露天商にタチバナの値段を尋ねると「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。62バルボアです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにおののくような明け方マジックするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい思いっきりじれっとしたような『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのにしっとりしたような、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
あまりの旨さに思わず「絆だから・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に田代砲するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタチバナ、よくばって食べすぎたな?

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

旅行 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク