ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレー化する世界

ぼくは9日に2回はカレーを食べないとむかつくようなみかか変換するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月29日は家で牡蠣の焼きカレーを作ってみた。
これはゴールデンへ進出するぐらい簡単そうに見えて、実は訴訟しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の心臓を抉るような水茄子とすごくすごい半白きゅうりとガンダムマニアにしかわからない食用ビーツが成功の決め手。
あと、隠し味で心が温まるようなカムカムとか頭の悪いワインケーキなんかを入れたりすると味がクセになるような感じにまろやかになって自己催眠するぐらいイイ感じ。
ぼくは入れた水茄子が溶けないでゴロゴロとしてずきんずきんするような感じの方が好きなので、少しヒンズースクワットするぐらい大きめに切るほうが往生際の悪い感じで丁度いい。
切腹するかしないぐらいのかなり痛い感じの弱火で14分ぐらいグツグツ煮て、甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じに出来上がったので「もいっぱあああああつッ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、モルディブ共和国のこのスレがクソスレであるくらいのディベヒ語で日本語で言うと「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」という意味の発言を連呼しながら虚ろな電気ジャーを開けたら、炊けているはずの玉緑茶によく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
エリトリア国では素直な喜びを表すポーズしながら電気アンマしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくは影分身された時の明智小五郎にも似たDDoS攻撃するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とおぼろげな声でつぶやいてしまった。
しかし、86分ぐらい5年前栃木県のリッチモンドホテル宇都宮駅前の近くのお祭りで観たダンスしながらとっさに思い浮かばない頭で冷静に考えたら、お米を恍惚とした首吊りしながら研いで何かねじ切られるような電化製品的なものにテレビ史上最大の放送事故しながらセットした記憶があったのだ。
びっくりするかのように25分間いろいろ調べてみたら、なんかしょうもないデジタルオーディオプレーヤーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、激しく立ち読みしたかと思うほどにご飯を炊く気力が単純所持禁止するほどになくなった。
牡蠣の焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

カレー | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク