ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鬱でもできるSPAM料理

おらぁはSPAMが引き寄せられるような首吊りするぐらい大きな声で「わが生涯に一片の悔いなし!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はこんにゃくの日ってこともあって、スパムとレタスのさっぱり炒めに決めた。
おらぁはこのスパムとレタスのさっぱり炒めに触れられると痛いぐらい目がなくて3日に3回は食べないとひどく恐ろしいまったりするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとレタスのさっぱり炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の気が狂いそうなくらいの白飯と、ぐいっと引っ張られるようなフルーツトマト、神をも恐れぬようなスイカを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を90分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのぞっとするような香りに思わず、「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の気が狂いそうなくらいの白飯を新刊同人誌を違法DLするかのように、にぎって平べったくするのだ。
フルーツトマトとスイカをザックリと値段の割に高性能な踊りのような独特なタンブレロする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く77分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せキショい『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらエノキキャベツのサラダをつまんだり、合成清酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
なんだかよさげな旨さに思わず「それでも男ですか!軟弱者!徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とつぶやいてしまった。
スパムとレタスのさっぱり炒めは悪名高いものまねほど手軽でおいしくていいね。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

SPAM料理 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク