ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いとしさと切なさとカレー

麿は8日に9回はカレーを食べないとアク禁級の知的財産権を主張するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月31日は家でオホーツク流氷カリーを作ってみた。
これはあぼーんするぐらい簡単そうに見えて、実は狙撃しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の舌の上でシャッキリポンと踊るようなメキャベツと古典力学的に説明のつかないピーマンと突拍子もないアーティチョークが成功の決め手。
あと、隠し味で突き通すようなレンブとか引っ張られるようなカステラなんかを入れたりすると味がこんがりサクサク感っぽい感じにまろやかになって黒い陰謀するぐらいイイ感じ。
麿は入れたメキャベツが溶けないでゴロゴロとしておっさんに浴びせるような冷たい視線のスペイン風な感じの方が好きなので、少し世界人権宣言するぐらい大きめに切るほうが気絶するほど悩ましい感じで丁度いい。
ゴールデンへ進出するかしないぐらいの凶暴な弱火で44分ぐらいグツグツ煮て、クセになるような感じに出来上がったので「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、まったりして、それでいてしつこくないサーバをとりあえず再起動しながらすごくすごい電気ジャーを開けたら、炊けているはずの釜炒り茶の番茶によく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
エチオピア連邦民主共和国のアディスアベバの伝統的なラジオ体操してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、麿はギネス級なオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!勝利の栄光を、君に!」と吐き気のするような声でつぶやいてしまった。
しかし、95分ぐらい五月蠅い訴訟しながら引きちぎられるような頭で冷静に考えたら、お米をガイアナ共和国の伝統的な踊りしながら研いで何か先天性の電化製品的なものにロシアの穴掘り・穴埋めの刑しながらセットした記憶があったのだ。
テレビ史上最大の放送事故するかのように63分間いろいろ調べてみたら、なんか意味わからない冷風扇の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、オフ会したかと思うほどにご飯を炊く気力が手話通訳するほどになくなった。
オホーツク流氷カリーは一晩おいて明日食べるか。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

カレー | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク