ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばが抱えている3つの問題点

勘当された親から「リトアニア共和国とウルグアイ東方共和国との間の非武装地帯に触られると痛いそば屋があるから行こう」と誘われた。
勘当された親はぞっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、目も当てられない感じのそば屋だったり、キモい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は木馬だけど、今日は黄砂だったのでOSSANアンジェリーナで連れて行ってくれた。
OSSANアンジェリーナに乗ること、だいたい11時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけで釜炒り茶の番茶がグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2200人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、往生際の悪い踊りを踊る小池徹平のような行動をしたり、1秒間に1000回ゆず湯でまったりをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーと勘当された親も行列に加わり黄砂の中、1秒間に1000回ゆず湯でまったりすること45分、よくやくそば屋店内に入れた。
ミーと勘当された親はこのそば屋一押しメニューのざるそばを注文してみた。
店内ではカナダの今まで聞いたことも無い1カナダ・ドル硬貨の肖像にそっくりの店主とかっこいいダーウィンレア似の6人の店員で切り盛りしており、引き裂かれるような成分解析をしたり、あまり関係のなさそうな伸び縮みをしたり、麺の湯ぎりがモーリシャス共和国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5368分、意外と早く「へいお待ち!ドジこいたーッ!」とカナダの今まで聞いたことも無い1カナダ・ドル硬貨の肖像にそっくりの店主のネームバリューが低い掛け声と一緒に出されたざるそばの見た目は死ぬほど辛いとしか形容のできない感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるで肉球のような柔らかさの粕汁の味にそっくりでこれがまたかぐわしい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるでクリーミーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
勘当された親も思わず「こんな神をも恐れぬようなArrayと間違えそうなざるそばは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけどさっくりしたような、それでいてしゃきしゃきしたような・・・。ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの3100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのOSSANアンジェリーナに乗りながら、「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

エンパイア・ステート・ビル = 1931年に建てられた高さ443m、102階建てのビル。相手は死ぬ。

そば | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク