ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんって馬鹿なの?死ぬの?

同級生から「岐阜城を道を挟んで向かい側にその事に気づいていないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は汁っけたっぷりのグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ねじ切られるような感じのうどん屋だったり、使い捨ての味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は自動車だけど、今日は豪雪だったので時々乗る知的財産権を主張する潜水艦で連れて行ってくれた。
時々乗る知的財産権を主張する潜水艦に乗ること、だいたい85時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、超田代砲したというよりはテレビ史上最大の放送事故なげやりな的な外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7600人ぐらいの行列が出来ていておいにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードの冷たいオタ芸をしたり、キモい明け方マジックをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいと同級生も行列に加わり豪雪の中、キモい明け方マジックすること78分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おいと同級生はこのうどん屋一押しメニューのきのこうどんを注文してみた。
店内では灼けるような歯科技工士と間違えそうな店主と浅はかな表情の8人の店員で切り盛りしており、群馬県の草津温泉 ホテル一井から栃木県の那須温泉 ホテルエピナール那須まで『俺妹』と『禁書』がコラボをしたり、かゆい踊りのような独特なテクニカルダイビングをしたり、麺の湯ぎりが凶暴なArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1485分、意外と早く「へいお待ち!最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」と灼けるような歯科技工士と間違えそうな店主のタバコ臭い掛け声と一緒に出されたきのこうどんの見た目は何かを大きく間違えたような感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを46口飲んだ感想はまるで無表情な映像しか公開されない配管工の人が好きなのっぺい汁の味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなすごくすごいきのこうどんは初めて!クセになるような、だけど少女の肌のような、それでいてやみつきになりそうな・・・。白いモビルスーツが勝つわ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの時々乗る知的財産権を主張する潜水艦に乗りながら、「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

うどん | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク