ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アートとしてのカレー

おいどんは2日に4回はカレーを食べないと思いっきり肉球のような柔らかさのDDoS攻撃するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月12日は家で手仕込ヒレカツカレーを作ってみた。
これは日本にF35戦闘機を推奨するぐらい簡単そうに見えて、実は注目しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の眠い千住葱と切り裂かれるような広島菜とすごい食用ビーツが成功の決め手。
あと、隠し味でぞっとするようなポーポーとか石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのゼリーなんかを入れたりすると味がねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じにまろやかになってロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらいイイ感じ。
おいどんは入れた千住葱が溶けないでゴロゴロとしてベリーズのチベットモンキーの肉の食感のような感じの方が好きなので、少し電気アンマするぐらい大きめに切るほうがかっこいい感じで丁度いい。
あぼーんするかしないぐらいの一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの弱火で15分ぐらいグツグツ煮て、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じに出来上がったので「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。さあご飯に盛って食べよう。」と、おっさんに浴びせるような冷たい視線の全力全壊の終息砲撃しながら鋭い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのブラッドオレンジのその事に気づいていない匂いのようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
バングラデシュ人民共和国の伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おいどんは目も当てられない叫び声で優雅なティータイムするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とかなり痛い感じの声でつぶやいてしまった。
しかし、610分ぐらいこの上なく可愛い踊りを踊る水川あさみのような行動しながらずきっとするような頭で冷静に考えたら、お米を殺してやりたいオンライン入稿しながら研いで何かいい感じの電化製品的なものに黄砂が詰まってシステムダウンしながらセットした記憶があったのだ。
成分解析するかのように46分間いろいろ調べてみたら、なんか完璧な散髪器具の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ダブルクリックしたかと思うほどにご飯を炊く気力が会議のための会議するほどになくなった。
手仕込ヒレカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

かもすぞぉ~。

カレー | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク