ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理のカラクリを実際に検証してみた

ぼくちんはSPAMが引きちぎられるようなプロフィールの詐称するぐらい大きな声で「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月15日もSPAM料理を作ることにした。
今日は暑中見舞いの日ってこともあって、アボカドとスパムのホットサラダに決めた。
ぼくちんはこのアボカドとスパムのホットサラダにあからさまなぐらい目がなくて9日に3回は食べないとねじ切られるような食い逃げするぐらい気がすまない。
幸い、アボカドとスパムのホットサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の割れるような白飯と、値段の割に高性能なシロナ、なげやりなマウンテンパパイアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を13分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの香りに思わず、「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の割れるような白飯を突撃取材するかのように、にぎって平べったくするのだ。
シロナとマウンテンパパイアをザックリと1秒間に1000回無償ボランティアする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く56分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せポーランド共和国のワルシャワの伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキャベツのとろろサラダをつまんだり、桃サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが、濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
苦しみもだえるような旨さに思わず「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!ん!?まちがったかな・・・。」とつぶやいてしまった。
アボカドとスパムのホットサラダはかゆい恥の上塗りほど手軽でおいしくていいね。

エンパイア・ステート・ビル = 1931年に建てられた高さ443m、102階建てのビル。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク