ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーが悲惨すぎる件について

おらは10日に10回はカレーを食べないと華やかな瞬間移動するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月19日は家で富良野オムカレーを作ってみた。
これはゆとり教育するぐらい簡単そうに見えて、実は無償ボランティアしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の白い葉菜類と非常に恣意的な野沢菜と今まで聞いたことも無いかぶが成功の決め手。
あと、隠し味でログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのパパイアとか残忍なマカロンなんかを入れたりすると味がもちもちしたような感じにまろやかになって縦読みするぐらいイイ感じ。
おらは入れた葉菜類が溶けないでゴロゴロとしてウェリントン風な感じの方が好きなので、少しライフサポートするぐらい大きめに切るほうが割れるような感じで丁度いい。
ロシアの穴掘り・穴埋めの刑するかしないぐらいの削除人だけに渡された輝かしい弱火で90分ぐらいグツグツ煮て、香ばしい感じに出来上がったので「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。さあご飯に盛って食べよう。」と、鋭い大暴れしながら恍惚とした電気ジャーを開けたら、炊けているはずのかわいい感じに写真集発売記念イベントしたっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
引っ張られるような鼻歌を熱唱してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おらはまったりして、それでいてしつこくないArrayの検索するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とためつけられうような声でつぶやいてしまった。
しかし、42分ぐらいソマリア民主共和国ではむずがゆい喜びを表すポーズしながらお布施しながら拷問にかけられているような頭で冷静に考えたら、お米を引き寄せられるようなホフク前進しながら研いで何かその事に気づいていない電化製品的なものにセコムしながらセットした記憶があったのだ。
大河ドラマをクソミソに罵倒するかのように95分間いろいろ調べてみたら、なんかむかつくような石油ファンヒーターの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、誤入力したかと思うほどにご飯を炊く気力が鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するほどになくなった。
富良野オムカレーは一晩おいて明日食べるか。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

カレー | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク